exciteが新たに始めた高速サービスexcite MEC光を徹底解説!

exciteが新たに始めた高速サービスexcite MEC光を徹底解説!

高速インターネットが楽しめるexcite MEC光ってご存知ですか?

excite MEC光はNTTの光コラボサービスでexcite光の高速サービスです。

料金は若干上がりますが次世代通信サービスIPv6に対応したサービスを提供しています。

excite光の評判はあまり良くなかったのですが、excite MEC光はどうでしょうか?

回線営業マンが徹底解説します。

excite MEC光の料金とオプション

戸建プラン料金

フレッツ光ネクスト excite MEC光
プロバイダー料金(税抜) 1,000円 0円
月額料金(税抜) 4,600円 4,500円
合計(税抜) 5,600円 4,500円

excite MEC光はプロバイダー料金が0円となっており、
フレッツ光と比べると毎月1,100円安くなります。フレッツ光が2年契約なので2年間で26,400円お得です。

マンションプラン料金

フレッツ光ネクスト excite MEC光
プロバイダー料金(税抜) 500円 0円
月額料金(税抜) 3,950円 3,500円
合計(税抜) 4,450円 3,500円

フレッツ光と比べると毎月950円安くなります。フレッツ光が2年契約なので2年間で22,800円お得です。

オプションサービス

サービス名 料金
MEC光電話 500円
NEC光テレビ 660円
MECリモートサービス 500円
ホームゲートウェイ 200円(光電話が必要な場合は必須です)
無線LAN付ホームゲートウェイ 300円
無線LANルーター 300円
追加無線LANカード 100円/1枚

オプション関係はすべてexcite光と同じです。
光電話を利用している人は、今まで無料だった光電話対応ONU(無線非対応)を月額200円でレンタルしなければいけません。

excite MEC光のルーター

excite MEC光はIPv6 IPoEという通信方式を採用していますが、「DS-Lite(Dual-Stack Lite)」に対応しているルーターを利用することでIPv4もIPv6と同様の速度で通信可能となります。

そこでおすすめのルーターはどのような機種を使うのがいいのでしょうか?

現在excite MEC光で標準でレンタルできるルーターはNEC Aterm W1810GPというモデルです。

しかしこのルーター、ネット上の評判を見るとあまり良い評価ではないのが残念。

価格はBUFFALO等に比べると安いのですが、速度が遅いなど評判はイマイチです。

自分でルーターを用意する場合どのようなルーターを選べばいいのでしょうか?

ここではexcite MEC光で動作検証が出来ているルーターをご紹介しておきましょう。
動作確認済みルーター

製品名 型式
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps エアステーション BUFFALO WXR-2533DHP2
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps エアステーション BUFFALO WXR-2533DHP
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+600Mbps BUFFALO WXR-1900DHP3
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+600Mbps BUFFALO WXR-1901DHP3
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+600Mbps BUFFALO WXR-1900DHP2
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+600Mbps BUFFALO WXR-1900DHP
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+450Mbps BUFFALO WXR-1750DHP2
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+450Mbps BUFFALO WXR-1750DHP
11ac対応867Mbps(規格値)Wi-Fiルーター I-O DATA WN-AX1167GR
IPv6/11ac対応867Mbps(規格値)Wi-Fiルーター I-O DATA WN-AX1167GR/V6

他社製のルーターを利用する際はexcite MEC光の性能をフルに利用するためにもDS-Liteに対応したルーターを選ぶ必要があります。

excite光より安い光コラボはこちら

excite MEC光の契約期間と解約にかかる費用

excite光には設定されていなかった契約期間と解約に伴う違約金はexciteMEC光では発生するのでしょうか?

契約期間

excite MEC光はexcite光と同様に契約期間はありません。

自分の好きな時期に解約することができるのがexcite MECの特徴の一つでもあります。

いつ移動になるかわからない転勤が多い職場の方や仮住まいの方にexcite MEC光はお勧めです

ただし、各種キャンペーンが適応の場合最低利用期間が決められている場合もありますので注意してください。

違約金

違約金は基本的にありません。
しかし、ケースによって違約金が発生する事もありますので注意が必要です。

各種キャンペーンが適応されている場合

新生活応援キャンペーンで行われているルーターのプレゼントの場合、最低利用期間が6か月となりそれに満たない場合、解約事務手数料として5,000円請求となります。
その他利用しているキャンペーンにより違約金が発生しますので、解約時にはどのようなキャンペーンが適応になっているか、サポートセンターに問い合わせる必要があります。

転用時にNTTに支払われている工事費に残債がある場合

【NTT東日本エリア】
フレッツ光の工事費を分割払いとされて工事費の支払いが完了していない場合、転用時にその工事費の未支払分残額を一括で清算となります。

【NTT西日本エリア】
・2015年5月1日以降にフレッツ光を開通された方
フレッツ光の工事費を分割払いとされて工事費の支払いが完了していない場合、転用時にその工事費の未支払分の残額を一括で清算となります。

・2015年4月30日以前にフレッツ光を開通された方
フレッツ光を契約し「初期工事費割引キャンペーン」の適用を受けていた場合、転用時には「初期工事費割引キャンペーン」の違約金は発生しません。

ただし、転用後、NTT西日本でのフレッツ光回線開通月から所定期間内に「excite MEC光」を解約した場合、次の違約金を一括で清算となります。

フレッツ光回線の開通月から15ヶ月以内に解約した場合、20,000円(税抜)
フレッツ光回線の開通月から16ヶ月目以降24ヶ月以内に解約した場合、10,000円(税抜)

excite MEC光の初期費用と工事費

excite MEC光を契約する際、転用ならば事務手数料のみで済む場合がほとんどですが、新規であればさらに工事費が発生します。

転用の場合

戸建てマンション共 料金
転用事務手数料 2,000円
MEC光開通手続き料 3,000円
合計 5,000円

現在キャンペーン中につき転用事務手数料及び開通手続き料は無料となっています。

新規の場合

戸建タイプ 料金
契約事務手数料 1,000円
MEC光開通手続き料 3,000円
工事費 18,000円
合計 22,000円
マンションタイプ 料金
契約事務手数料 1,000円
MEC光開通手続き料 3,000円
工事費 15,000円
合計 19,000円

戸建てプラン、マンションプランともに、宅内の配線設備を再利用する場合7,600円となりますが、詳細はサポートセンターに問い合わせをしてください。

excite光からexcite MEC光に乗り換える

excite光からexcite MEC光に乗り換えるのは非常に簡単にできます。

exciteMEC光にサービスを移行するにはこちらのページから必要事項を入力すると、excite MEC光の担当者からメール、もしくは電話が来ますのでそれに沿って手続きをするだけとなっています。

ユーザー側で設定することは特にありませんので、特別な知識も必要ありません。

また、移行に伴う費用は光開通手終了として3,000円(税別)が発生します。
excite光とexciteMEC光比較表

excite光 excite MEC光
接続方法 IPv4 (PPPoE接続) IPv6(IPoE接続)
回線速度 1Gbps 1Gbps
契約期間・違約金 無し 基本的に無し*1
工事費(マンション) 19,000円(16,000円) 22,000円(19,000円)
月額料金(マンション) 4,360円(3,360円) 4,500円(3,500円)
キャンペーン ほぼ無し 随時
支払い方法 クレジットカードのみ クレジットカードのみ

*1契約時にキャンペーンが適応となっている場合最低利用期間の設定や違約金が発生する場合があります。

excite光からの移行はこちらから

excite MEC光のメリットとデメリット


サービス開始から日が浅いexcite MEC光のメリットとデメリットはどんなところでしょうか?

excite光より高額なexcite MEC光を選択するにはそれなりのメリットが無ければ選ぶ意味がなくなってしまいます。

メリット・デメリットをしっかりと理解してexcite MEC光を契約しましょう。

excite MEC光メリット

excite MEC光の最大のメリットは低価格なのに高速というところでしょう。

excite MEC光の通信方法は、次世代通信方式といわれるIPv6 IPoEを採用していますので、従来のPPPoEで問題となっていた、夕方や夜間のインターネット利用者が多い時間帯に、通信速度が低下する問題を回避できるということです。

また、excite光ではあまりなかったキャンペーンがあることも重要です。

キャンペーンの内容はその時々により変わってきますが、工事費や初期費用が無料になったりしますので、毎月の料金はexcite光よりも高い設定ですがトータルで考えるとexcite MEC光のほうがお得の場合もあります。

その他にも契約期間の設定がなく基本的に違約金が無いのもメリットの一つです。

excite MEC光デメリット

excite MEC光のデメリットはサービスがスタートして間もないことです。

ネットで調べても他社のように情報が多くありません

IPv6の性能をフルに利用できるか判断するにはもう少し時間が必要かもしれません。

また、excite光同様に支払いがクレジットカードのみとなっているのもデメリットです。

カードを持っていない人は選択肢から外れてしまいます。

exciteは残念ですが大手携帯電話会社(docomo・au・softbank)とのセット割がありません。
スマホをお使いで光回線とスマホの料金を合わせて考えるとそれほど安くなくなってしまいます。

excite MEC光キャッシュバックやキャンペーン

ほとんどキャンペーンのなかったexcite光に比べるとexcite MEC光はキャンペーンを行うことが多いようです。

キャンペーンの内容は時期により変わってきますが、春の繁忙期はキャンペーンの内容が充実しています。

特に春の新生活応援キャンペーンはルーターのプレゼントや手数料等の食費用が無料などお得なキャンペーンを行っています。

excite MEC光の詳細はこちらから

excite MEC光の評判

exciteMEC光の評判ですが、サービス開始から1年たっていないこともあり情報が少ないのが本当のところ。

繋がらなくなったなどのトラブル情報もあまりなく、本当に少ないのかそもそも絶対数が少ないのかが不明です。

回線の速度が速くなって快適という書き込みも見られますが、逆に遅くなってどうしようもないという書き込みも同様にあります。

excite MEC光の評判を正確に判断するには時期が早いようです

excite MECのまとめ

速くて安いインターネットが売りのexcite MEC光ですが、現時点ではexcite光よりはいいんじゃないかというレベルです。

上でも書きましたが、何より情報が少ないことでしっかりと判断できないのが本音のところ。

回線営業マンも商材として扱っていない事が多く仲間内でもその評判が不明なのです。

回線営業マンとしては一般ユーザーにお勧めするサービスではありませんが、現在excite光を利用している人が乗り換えるには良い選択でしょう。

excite光よりも安いenひかりが今人気急上昇!
安いところはそれだけで他のメリットがまったく無い、そんな不満を解消したのがenひかりです。
excite光より安く、ポケットWi-Fiが格安で利用できるなど月額料金が安いのに付加価値があると、人気が出てきている光コラボ。
支払いもクレジットでも口座振替でも可能な格安のインターネットです。

光回線カテゴリの最新記事