2018年回線営業マンがおすすめするプロバイダー5選

2018年回線営業マンがおすすめするプロバイダー5選

インターネットを利用するために必要なのが回線とプロバイダーです。

回線に関してはアナログ回線と光回線とありますが、多くの人はすでに光回線を利用していると思います。

光回線はどこから購入したらいいのか選択肢が少ないのが現状です。それに比べプロバイダーはさまざまな会社から選ぶことができるようになっています。

しかし、このプロバイダー選び、多くの方があまり考えずに契約してしまっている場合が多いです。

プロバイダーは、インターネットを利用するのに必ず必要となります。

少しでもお得なプロバイダーを選ぶことが、長期にわたって利用するのに重要なポイントとなってきます。

ここでは回線営業マンがおすすめするプロバイダー厳選5社をご紹介していきます。

意外と多い「プロバイダーってなに?」

回線営業マンの私は仕事柄多くの人と話をするのですが、驚くのがプロバイダーという言葉の認知度です。

営業時や契約時に現在のプロバイダーをお客様に聞いてみると「わからない」や「NTTだけど・・・」そんな答えが返ってくることが非常に多いものです。

そこでここでは今更他人に聞けない「プロバイダーってなに?」について簡単に説明していきましょう。

多くの人になるべくわかりやすく説明するため、詳しい方からすると説明に若干無理があるかもしれませんがご勘弁を。

私がお客様にプロバイダーを説明する際には海外旅行に例えて説明しています。

まず、海外旅行に行くためにパスポートを取得します。

パスポートは海外にいくための手続きを行い、どこに行ったかを記録しています。

空港では選んだ航空会社の窓口で搭乗手続きをして、飛行機に乗って目的の国に行きます。

インターネットの場合、プロバイダーはパソコンを使ってインターネットに接続するための手続きを行うところを指します。

空港では事前に選んでいた空港会社の飛行機に乗りますが、インターネットではこれが回線の選択になります。(NTTやKDDI、ケーブルテレビなど)

そして選んだ飛行機で目的の国に行くように、選んだ回線の種類(光ファイバーやADSL等)でインターネットに接続します。

少し違うのがパスポートは日本国が発行するものですが、インターネットの場合発行する会社が複数あってそれを自由に選ぶことができるということ。

複数の会社がパスポートを発行できるようになることで、料金の安いところやサービスの良いところなど会社によって様々サービスを提供できるようになります。

プロバイダーとはインターネットするうえで自分がどこのだれで、どこのサイトを閲覧したなどの管理をしてくれる場所、パスポート発行、管理してくれる所を指します。

自分のプロバイダーの調べ方

プロバイダーがどういうものか、おわかり頂けたかと思いますが、プロバイダーの理解が無いと困ったことが一つあります。

それは自分がどのプロバイダーを利用しているかわからないということです。

最近はクレジットカードで決済する人が多く、その場合プロバイダーから利用明細も送られてこないことがほとんどです。

額も1,000円前後と低額なのでほとんど気にしていないという人がかなりいます。

プロバイダーがわからなければ自分に合ったプロバイダーを見つけても手続きができません。

そこで、今自分が利用しているプロバイダーを簡単に調べる方法をご紹介しましょう。

メールアドレスで確認する

インターネットを利用しているならほとんどの方がメールを利用していると思います。

そのメールアドレスで自分がお使いのプロバイダーを確認することができます。
《例》

  1. 12345@ybb.ne.jp → Yahoo! BB
  2. 13456@xxx.so-net.ne.jp → So-net
  3. 12345@xxx.ocn.ne.jp → OCN

といったように、@の後にプロバイダー名が入っています。

インターネットで確認する

メールで確認できればいいのですが、中にはメールはYahooメールやGmailを使っていてプロバイダー発行のメールは利用していない人も少なくないのでは。

そこでそんなときに役に立つのが自分のアクセス情報が確認できるサイトがあります。

ほとんどが個人の人が作って管理しているサイトですが、このサイトを見れば自分がどのプロバイダーを利用しているか簡単に確認することができます。

有名なところでは【確認くん+(Plus)】です。

このサイトを開くと一番上に『お使いのプロバイダー(ISP)』の欄に表示されているのが現在利用しているプロバイダーとなっています。

プロバイダーを乗り換える

「プロバイダーはどこでもいっしょ」なんてことを言う営業マンも世の中にはたくさんいますが、そんなことありません。

プロバイダーをしっかり選ぶことで毎月の料金が安くなったり、いろいろな付加価値がついてきたりと、よりインターネットライフが快適に利用できるようになります。

「いまのままでいいよ」なんて言わずにいちどしっかり見直すことをお勧めします。

プロバイダーを乗り換えるメリット

プロバイダーを乗り換えることでいくつかのメリットが発生します。

まずは乗り換えることで起こるメリットをご紹介します。

  • 毎月の料金が下がる
  • インターネットの速度が上がるかもしれない

たった2つかと思う人もいるかもしれませんが、特に毎月の料金が下がる点はインターネットを利用していく中で非常に重要なポイントです。

また、インターネットの速度に関しては現在利用しているプロバイダーのバックボーンの太さによります。

インターネットの接続は必ずプロバイダーを通過してインターネットに接続されますが、その際バックボーンが細いとインターネットが遅いということになりかねません。

現在利用中のプロバイダーのバックボーンが細い場合回線速度が遅くなってしまう場合もあるので、乗り換えの際はバックボーンの太いプロバイダーを選択することで回線速度を見直すことが出来ます。

プロバイダーを乗り換えるデメリット

当然ですがメリットもあればプロバイダーを乗り換えることでデメリットも発生します。

  • プロバイダー変更の手続きがめんどくさい
  • メールアドレスが変わる

プロバイダーを乗り換える時のデメリットはこの2つ。

「毎月の料金が100円~200円程度安くなるだけでそんな面倒なこと嫌だ」という人はかなりいます。

確かにプロバイダーの変更は手続きや設定変更など面倒なことはあります。

気にならない人にとってはそうでもない作業ですが、やはり設定を変えたりするのは面倒という人はまだまだたくさんいるようです。

もっとたくさん割引があるならそのくらいの手間は大丈夫という方は光コラボで乗り換えるというのも選択肢のひとつです。

光コラボについてはこちらから

メールに関してはyahooメールやGmailなどのフリーメールを通常使っている人なら問題ないのですが、プロバイダーのメールを利用している人はメールアドレスが変わってしまうので少し面倒です。

色々登録してあるサイトのにメールアドレスの変更手続きをしたりと、それなりに手間がかかります。

ただし、そこに関しては良い点もあってメールを使っているとたくさんのいたずらメールが届くようになっていると思いますが、メールアドレスが変わることによってその手のメールが来なくなるというメリットも生まれます。

メールに関してはメリットもデメリットもあるわけです。

また、回線営業マンのお勧めですがメールに関してはプロバイダーを変更する際にyahooメールやGmail等のフリーメールを利用するようにすると、次にプロバイダーを変更する際にメールアドレスが変わる問題をクリアすることが出来ますので、この機会に一つアドレスを取得しておくとよいでしょう

お得なプロバイダーの選び方

プロバイダーを乗り換えてみようと思ったら、次に考えるのがどのプロバイダーに乗り換えるのかです。

プロバイダーは現在数えきれないぐらいありますが、その中から自分に合ったプロバイダーを探すのはなかなか大変です。

そこで普段なら紹介手数料が多いプロバイダーを、お客様に進めている回線営業マンが仕事抜きでおすすめするプロバイダーをご紹介していきましょう。

仕事抜きでおすすめするプロバイダー

通常回線営業マンがお客様にプロバイダーを案内する際は手数料の高額なプロバイダーをお勧めするのが一般的です。

ここでは普段の仕事から離れて、回線営業マンが純粋にお勧めするプロバイダーをご紹介していきますので乗り換えをお考えの方は是非参考にしてください。

プロバイダー名 月額料金 契約期間 違約金
Yahoo!BB 1,200円 24か月 5,000円
OCN 1,100円 24か月 5,000円
So-net 1,200円 24か月 3,000円
BIGLOBE 1,200円 24か月 5,000円
@nifty 1,000円 24ヶ月 3,000円

どうでしょう?

この表をご覧になると「どれも変わらないなぁ」そんな風に感じませんか?

そうなんです。

ほとんど変わらないのです。

バックボーンは大手なので何処を選んでも問題ないですし、サービスも月々の料金もほとんど変わりません

正直なところ手間を考えると、回線営業マンとしてはプロバイダーだけの乗り換えはお勧めしないというのが本音なのです。

実際インターネットでプロバイダー契約のみを探してみるとほとんど見つからず、見つかるのはプロバイダーが提供する光コラボの契約がほとんどです。

回線はNTT、プロバイダーは他社、そんな契約方法はなくなっていくのかもしれませんね。

光コラボでNTTをやめよう!


ということでこのページの結論になってしまいます。

回線営業マンが本当にお勧めするプロバイダーは・・・・・「何処でもいっしょ。お勧めは大手ならどこでも。」となってしまうのです。

もしも今使っているプロバイダーを乗り換えたいと思うならNTTをやめてプロバイダーの提供している光回線を利用するのが良いでしょう。

そうすれば、プロバイダーを変えるだけの100円、200円の節約ではなく、もっとお得にインターネットを利用できるようになります。

光コラボでプロバイダーの見直し!

ただプロバイダーを乗り換えるよりもはるかにインターネットを快適に利用出来るようになる光コラボですが、これもまた提供している企業が多すぎて簡単に決まらないのも実際の問題でしょう。

そこでここからはユーザーのタイプに合わせた光コラボをご紹介していきます。

プロバイダー選びで悩んでいる人は是非参考にして下さい。

光コラボについては他のページで細かく紹介しているのでそちらを参考にしていただきたいと思います。

プロバイダーで悩むならこちら

結局今一番のおすすめのインターネットはどこ?

料金重視はexcite光

「少しぐらい遅くたって問題ない」「とにかく少しでも安くインターネットを使いたい」そんな人におすすめなのがexcite光です。

戸建てプラン料金

フレッツ光ネクスト+プロバイダ料金 excite光
プロバイダー料金 500円 0円
月額料金 4,600円 4,360円
合計 5,100円 4,360円

フレッツ光+exciteでプロバイダーのみ契約したのと比較すると光コラボでexcite光にしてしまえば毎月740円節約することができます。

マンションプラン料金

フレッツ光ネクスト excite光
プロバイダー料金 500円 0円
月額料金 3,950円 3,360円
合計 4,450円 3,360円

フレッツ光+exciteでプロバイダーのみ契約したのと比較すると光コラボでexcite光にしてしまえば毎月1,090円節約することができます。

月額料金は光コラボの中でも最安、契約期間の縛りもないので手軽に乗り換えすることが出来る光コラボ

ですが、ネット上の噂はイマイチ・・・「安かろう、悪かろう」なんて掲示板の書き込みもチラホラ

ただ、安いことは間違いありません。

値段で勝負というのであればexcite光は現在一押しです。

excite光の詳細はこちらから

快適さ重視ならSo-net光

インターネットの快適さと言えば、当然外せないのが回線速度。

そこでおすすめなのがSo-net光です。

本当ならばSo-netが提供しているNURO光と言いたいところなのですが、まだ提供地域が少ないことと、今回はあくまでも光コラボの紹介ということなのでNUROは外させてもらいます。

So-net光はIPv6プラスに対応したプロバイダーなので回線速度も速く安定しているのが魅力です。

戸建てプラン料金

フレッツ光ネクスト+プロバイダ料金 So-net光
プロバイダー料金 1,200円 0円
月額料金 4,600円 4,800円
合計 5,800円 4,800円

フレッツ光+So-netでプロバイダーのみ契約したのと比較すると、光コラボでSo-net光にしてしまえば毎月1,000円節約することができます。

マンションプラン料金

フレッツ光ネクスト So-net光
プロバイダ料金 900円 0円
月額料金 3,950円 3,900円
合計 4,850円 3,900円

フレッツ光+So-netでプロバイダーのみ契約したのと比較すると、光コラボでSo-net光にしてしまえば毎月1,000円節約することができます。

さらにIPv6 プラスの環境が利用できるのはSo-netの強みです。

So-net光の詳細はこちらから

biglobeはトータルバランス重視

ちょっと無茶な悩みかもしれませんが《安くて、早くて、安心》そんな光コラボがBIGLOBE光です。

戸建てプラン料金

フレッツ光ネクスト BIGLOBE光(3年契約)
プロバイダー料金 1,200円 0円
月額料金 4,600円 4,980円
合計 5,800円 4,980円

フレッツ光+biglobeでプロバイダーのみ契約したのと比較すると、光コラボでbiglobe光にしてしまえば毎月820円節約することができます。

マンションプラン料金

集合住宅 フレッツ光ネクスト BIGLOBE光マンション
プロバイダー料金 500円プロバイダによる 0円
月額料金 3,950円 3,980円
合計 4,450円 3,980円

フレッツ光+biglobeでプロバイダーのみ契約したのと比較すると、光コラボでbiglobe光にしてしまえば毎月470円節約することができます。

あまりインターネットに詳しくない人から、かなりのヘビーユーザーの方まで安心して利用できる光コラボがbiglobe光です。

So-netと同様IPv6 プラスに対応した回線とつながりやすいサポート、多くの特典、そして乗り換え時のキャッシュバック等、利用者のメリットは現在の光コラボの中でも可なり優秀です。

プロバイダー選びに迷った時biglobe光を選んでおけば、まず失敗することはないはずです。

現在、どんな人でも満足のいくプロバイダーのひとつです。

biglobe光の詳細はこちらから

お勧めのプロバイダーまとめ

結局のところプロバイダーのみの乗り換えは現在お勧めしていないのが本当のところです。

以前はフレッツ光はNTTでしか契約できませんでしたが、現在光コラボがスタートして自分の好きな会社と契約することができるようになりました。

そのおかげでプロバイダーと回線おセットで安く契約できるようになったので料金の高いNTTとプロバイダーをわざわざ別々に契約するメリットがなくなってしまったのです。

同じようにインターネットを利用するなら料金が安いほうが断然お得です。

手間と時間をかけてプロバイダーだけ乗り換えるなら、光コラボでプロバイダーと回線セットで乗り換えるのが今最もお得な方法です。

光回線カテゴリの最新記事